今日は立春!新たな一年のはじまりです

本日2月4日は、二十四節気の「立春」です。太陽黄経が315度となる日のことで、実は毎年その瞬間の時間はちょっとずつズレています。昨年(2021年)は珍しく2月3日が立春だったということで話題になりましたね。ちなみに、次は2025年の立春が2月3日になります。必然的に、節分は2月2日にずれます。

立春は旧暦で新年のはじまり

昔、といっても明治初期まで使用されていた日本の暦は太陰太陽暦といいまして、「月の満ち欠け」と太陽の角度(太陽黄経)で算出される「二十四節気」を使ってカレンダーを決めていました。二十四節気の立春が含まれる最も近い「新月の日(朔日)」を正月元旦とする決まりがあったそうです。

立春に最も近い新月の日に正月を祝いましたが、同じように立春も新年の始まりの日として大切にお祝いしていたそうです。

年賀状などではいまだに「迎春」といった飾り文字をよく見かけますが、現代の暦では1月1日は真冬ですよね。実はこれも、旧暦の名残で、立春をまもなく迎えるということで「迎春」という言葉が使われていたそうです。

神社や寺院、占いも立春が1年のはじまり?

神社や寺院で行う「厄払い」の厄年を見る際に数え年で見ますが、さらに2月3日生まれまでは前年の生まれとして扱うとなっているところがあります。また、東洋占星術(算命学や四柱推命、九星気学など)では立春を1年のはじまりとして計算します。

ということで、運勢の面で考えると「立春が1年のはじまり!」と考えた方がよさそうです。

新年のスタートダッシュを切りなおそう!

1月1日の新年のはじまりから、「今年こそは〇〇しよう!」と思っていたものの、正月にグダグダと過ごしてしまったり、うっかり飲み過ぎてしまったり、やっぱり寒くて無理となってしまったりして、年当初の目標を早々に諦めてしまった方も多いのではないでしょうか?

そんな皆さんは、ぜひ、「立春こそ1年のはじまり!」と思い直してください。

そして、もう一度、年当初の目標を思い出し、スタートダッシュを切りなおしてみましょう!きっと良い一年になりますよ!

この記事を書いたのは

茨城開運管理人
茨城開運管理人茨城開運ポータル管理人
茨城開運ポータルの管理人。開運というキーワードで茨城をもっと楽しく!という気持ちで、このサイトを作っています。鑑定歴20年の運活カウンセラーでもあります。

関連記事

  1. 2023年(令和5年)厄年早見表

  2. 開運の花を咲かせましょう

  3. 今日は節分|2023年の恵方は南南東

PAGE TOP